【書籍】Webを支える技術

書籍情報

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST

メモ

ネットワークのことがさっぱり。
GET/POSTもようわからんので、まずはWeb全般の繋がりとして全容を理解できればな、と読んだ。
2010年代の本なので、まぁ古い記述もあるんだろうなと読み飛ばしつつも、技術のつながりについて理解できた。
全5部構成。

第1部 Webとはなにか

いわゆるブラウザの成り立ちから、現在どのような形に落ち着いたのかを語る章。
REST:リソース指向なアーキテクチャスタイル。多分、これはこれで別の本読んで勉強したほうがいい。

第2部 URI

≒URL。
リソースを一意に識別できるデータ。
データのいい感じの名前の付け方とか。

第3部 HTTP

ステートフル(店員が注文を覚えてくれるようなやり取り)とステートレス(店員にすべての注文を告げ直すようなやり取り)についてとか。
GET/POST/PUT/DELETEとか、返ってくるエラーコードの説明とか。
おそらく、次にこのあたりの具体的な使い方について勉強していきたい。

第4章 ハイパーメディアフォーマット

HTMLの書き方とかAtomとかもろもろ。
別にWeb屋さんになるわけではないからな、と読み飛ばし。
きっと必要になったときに覚えるのが早い。

第5章 Webサービスの設計

別にWebに限らずに設計として考えるべきことの概略がまとまっててとてもとても良い。
郵便番号から住所を検索するよくあるシステムの例だけど、↓みたいに分離して説明してる。

  • リソースをどうやって管理する?
  • リソースの名前の付け方
  • クライアント向けのAPIの内容
  • リソースの結びつけ
    RESTの考え方自体をこの本で初めて触れたので、もっと勉強して理解を深めたいと感じる。

7月前半KPT

4回め。

前Try

月2リリース目指す。@2005後半

+3
さっき1.6.0リリースしてきた。
円グラフで内訳割合チェックできるようになる。
そろそろカテゴリ順番変える仕様とかもほしいかなぁ。

稼働時間@2005後半

+2-1
まぁゲームだけだけど、何かしら動ける時間は増えてきたかも。

FighTimer利用ユーザー減ってる@2005後半

保留3
増えもせず、減りもせず…。
次回はチュートリアル入れてみるつもり。

エンジニアとしての稼働時間減ってる@2006前半

-2
「減った」と主張してた前回とあんまり変わってないので、減ったままだね。
こういうときのために、期間Aと期間Bの比較モードほしいなぁ。

買ってきた英語文法の本を読み切る@2006後半

+1:完了
読んだよ!!!

8月にもう一度TOEICネット動画挑戦する

保留1
まだだね。

Keep

英語の勉強

前回の本は読み終わった。
関さんの本の高校復習版がなさそうなので、本屋に出向いたときにいい感じの本探してみよう。

books

データ指向アプリケーション読んでる。
DBわかんないけどデータの作りについてはえーって感じで読み進めてる。
月末までには読み終えたいかなぁ。

Atcoder続いてる

反省枠1回は前回の173のEを中途半端に挑んでしまったせいで、答えをちゃんと理解するのに力尽きてしまったから。
解いたのはCまでだったけどね…。
最近、Qiitaで「緑になりました」記事をみて、AtcoderProblemsの存在を知ったので、こっちで過去問を少しずつ解いてる。
こういうひたすらチクチクやってく作業が好き。

challenge

GithubとAlies

いい加減Gitコマンド長文打つの面倒で少しできるようになった。

games

趣味枠

dアニメ契約したので作業中とか仕事中とかお風呂とかでダラダラ流してる。
花宮は猛省して。

Problem

エンジニアとしての行き先

何やりたいの…?

テスト書けてない

2週間リリースで、新機能に対して時間かけてはいるけど、入れる予定が終わったら満足しちゃってる(モチベの低下)のと、タスクとして実践できてないのと。
次の次に、TODO減らす回(=テスト書いていく回)を入れてみたので、それでなんとかする。
2週間なんだから、後半がテスト回にしてもいいけど、流石に多すぎそうな感が…。